ペニス増大サプリの影響で喘息の症状が出る

ペニス増大サプリにはまれに副作用があります

さまざまなペニス増大サプリがありますが、中には副作用が現れるものもあります。例えばアルギニンやシトルリンなどが含まれているペニス増大サプリの副作用として、喘息などがあげられます。アルギニンはアミノ酸で、男性器分野において精子の数を増加したり、勃起不全(ED)改善に効果を期待することが可能です。

シトルリンもアミノ酸の一種で、摂取することによってアルギニンに変換した血液中にあるアルギニンは増加することになっています。結果的にシトルリンやアルギニンは摂取しても効果があり、副作用などは一緒ですがシトルリンをより摂取する方が効果的です。しかしこれらを摂取すると腹痛やお腹の張り、下痢や痛風などを感じる人がまれにいます。

気道の炎症や喘息の悪化などを感じる人もいて、食べ物や薬に関わらずアレルギーが出現することは珍しくありません。摂取したことによって気道において炎症を起こしたり、喘息をもともと持っている人は悪化するかもしれないので注意が必要です。

過剰摂取には注意が必要

ペニス増大サプリの副作用として、貧血や歩行障害などがあげられます。亜鉛を含んでいるペニス増大サプリは多く、亜鉛は大切なミネラルの一つです。不足すると精子が減少したり、無月経や味覚障害などを引き起こすこともあります。そのため一般的なサプリメントで補助している人も多いですが、亜鉛は過剰に摂取したり長期間摂取すると体にとって必要な銅や鉄分などの吸収を妨げることがあるので注意が必要です。

貧血や歩行障害などを引き起こすリスクがあり、亜鉛をサプリで摂取する場合1日あたりの量が決められていた李、長期間服用するなら血中の銅の濃度を確認することをおすすめします。

アルツハイマー病や前立腺肥大、前立腺癌などの報告もあり、亜鉛が体内に蓄積することによって、排尿しづらくなったり残尿感などの出現することで、前立腺肥大症になってしまうリスクが高まると言われています。きちんと用量・用法を守ることによって、安心して利用することができます。

まとめ

いろいろなペニス増大サプリがありますが、中には副作用が存在します。報告された件数は少ないですが、喘息や腹痛などがあり、もともとアレルギー体質の人は服用するのに注意が必要です。

サプリメントは基本的に副作用がなく安心して利用することができますが、中には過剰に反応する人もいるので、何かしら異変を感じたなら服用するのをやめたり、医師に相談することをおすすめします。購入済みのペニス増大サプリがあるなら、成分表を確認したり用量・用法を確認しましょう。